トップページ > 出演者紹介

椎名 豊 Trio Special guest: 豊田チカ

強烈に熱く、圧倒的なスケールと繊細さを兼ね備えた演奏で、 世界の音楽ファンを驚嘆させている椎名豊が結成した椎名豊スペシャル・トリオ。
スペシャル・ゲストに世界的ボーカリスト、豊田チカを迎えて豪華にお贈りいたします。
燈めき冴えわたるピアニズム、トリオの圧倒的なスイング とグルーブ、縦横無尽に歌い上げるスキャットは必聴 !多くの聴き手に温かくかつ爽快な余韻を残してくれる 本格ジャズ・ライブを心ゆくまでお楽しみください。

♦ 椎名 豊 Yutaka Shiina (piano)
大胆さと繊細さをあわせ持ち、縦横無尽にスイングする椎名のピアノタッチは唯一無二の個性とイマジネーションにあふれ、ピアノサウンドとオリジナル曲は世界中の音楽ファンを驚嘆させている。
1964年9月23日、東京都、墨田区生まれ国立音楽大学作曲学科在学中より活動をスタ-ト。
1991年、ロイ・ハーグローブ(tp)と日米混合ユニット「ザ・ジャズ・ネットワークス」を結成。
日本側のリーダーとして活躍。
1996年“エルヴィン・ジョーンズ(ds)ジャズ・マシーン”に参加。
また、2003年よりチョン・ミョンフン、ヒュー・ウルフ、エリック・カンゼルらの指揮のもと、東京フィルハーモニー交響楽団と共演、定期演奏会に出演。
ガーシュインのピアノ・コンチェルト他を発表。
これまでに多くのリーダー・アルバムを発表、最優秀新人賞他、数々の賞を受賞。
2015年11月、7thアルバム『Future Swing』をリリース。
(マイク・ロドリゲス(tp)、ティム・アマコスト(ts)、中村恭士(b)、ルディ・ロイストン(ds))同年12月、同メンバーで全国ツアーを行った。
2018年5月、フランス最高峰のアルト・サックス奏者、ピエリック・ペドロンを迎えてNew Album「Ballad Imaginations」をリリース。
同年11月、レジナルド・ヴィール(b)、ハーリン・ライリー(ds)とトリオを組み全国ツアーを行った。
国内での活動の他、アメリカ、ヨーロッパのツアーも毎年、大成功を納めている。
その他、レコーディング、ツアー共演歴はニコラス・ペイトン(tp)、ジョシュア・レッドマン(ts)、エリック・アレキサンダー(ts)、ラビ・コルトレーン(ts)、アントニオ・ハート(as)、ジェシー・デイビス(as)、クリスチャン・マクブライド(b)、ロドニー・ウィテカー(b)、ボブ・ハースト(b)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)、クラレンス・ペン(ds)、カール・アレン(ds)など1998年より、教育プログラムとして子供たちのためのレクチャープログラムやワークショップ、ジョイント・コンサートも国内外で展開。
2007年より国立音楽大学、夏期音楽講習会ジャズピアノ講座を行う。
2008年、ミシガン州立大学(デトロイト)でレクチャー、ワークショップ、コンサートを行う。
2009年より千葉県浦安市、明海大学ジャズ・オーケストラ部・監督を務める。

♦ Pat Glynn (bass) (パット・グリン)
1974年4月28日 アメリカ・ニュージャージー州ウエストフィールド出身。
圧倒的なグルーブとスピード感でバンドを鼓舞させるスーパー・ベーシスト。
ジェームス・マディソン大学と北イリノイ大学大学院でコントラバスを学び卒業。
その後NYのジャズクラブ、ブルー・ノート、スモールズ、タウンホール、クレオパトラズ・ニードルで演奏。
サム・リバース(ts)、エディ・ヘンダーソン(tp)、トミー・キャンベル(ds)、渡辺貞夫(as)と共演。
2014年、サイラス・チェスナット(p)、カール・アレン(ds)とトリオを組みリーダー・アルバム『フーズ・オン・ベース』を発表。
レイクランド大学ジャパン・キャンバスで音楽指導も行っている。

♦ 広瀬潤次 Junji Hirose(drums)
圧倒的なスイングとグルーブが世界から絶賛されているスーパー・ドラマー。
1969年1月1日 長崎県長崎市生まれ。
11歳の頃から両親の影響で、バディ・リッチ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン等のレコードを聴き始め、ジャズに開眼すると同時にドラムを始める。
東京学芸大学入学後、在学中から頭角を現し、プロとして活動を開始。
原朋直(tp)、山田穣(as)、椎名豊(p)、大西順子(p)、安保徹(ts)、岡安芳明(g)、俵山昌之(b)、松島啓之(tp)ら同世代のミュージシャン達と共演を重ねる。
1994年 大西順子トリオ・フランスツアーに参加。
1995年 椎名豊トリオ・全国ツアー(b:レジナルド・ヴィール)に参加。
1999年 椎名豊トリオ・ドイツツアーにおいて欧州文化首都ワイマール’99/第7回EUジャパンフェスト・国際ジャズフェスティバルに出演。
2001年 自己のバンド(tp:岡崎好朗、as:池田篤、b:嶋友行)を1年間活動させる。
2002年 椎名豊スペシャルカルテット(b:ボブ・ハースト、ts:ティム・アマコスト)に参加。
2003年以降、椎名豊 New York New Generation ツアーのゲストとして毎年参加し、ドラマーのアリ・ジャクソン、グレッグ・ハッチンソン、ハーリン・ライリー、ジーン・ジャクソンらとそれぞれツインドラムでのライブを行い、交流を深める。
2005年 チョン・ミョンフン指揮・東京フィルハーモニー交響楽団と椎名豊トリオにて共演(ガーシュインのアイ・ガット・リズム・バリエーション)、翌年DVD化される。
2006年 椎名豊トリオ・ツアー(b:ロドニー・ウィテカー)に参加。
2007年 自己のリーダーバンド『SOund of JAzZ』を立ち上げ更に注目を集める存在になる。
(メンバーは、太田朱美(フルート)、堀秀彰(p)、本川悠平(b))2008年 ベーシストのロドニー・ウィテカーからアメリカのミシガン州立大学のジャズ科のゲストアーティストとして椎名豊と共に招かれる。
また、1998年からピアニスト椎名豊のサポートとして北海道釧路の富原中学校でスタートした子供達のためのレクチャープログラムやワークショッ プ、ジョイン・トコンサートの活動にも参加。
2013年 ファースト・リーダー・アルバム「GRATITUDE」を発表、絶賛を博している。
現在は、『SOund of JAzZ』のリーダーとしても活躍しつつ、 『Encounter』、『高瀬裕(Bass)とのデュオユニット』、『椎名豊トリオ』、『松島啓之クインテット』のレギュラーメンバーとして日本をはじめ、世界各地を飛び回っている。
共演歴 は、ハンク・ジョーンズ(p)、マーカス・ベルグレイブ(tp)、トム・ハレル(tp)、エイブラハム・バートン(as)、ステフォン・ハリス(vib)、レジナルド・ヴィール(b)、ハーリン・ラ イリー(ds)、ウェス・アンダーソン(as)、エリック・アレキサンダー(ts)、ルー・タバキン(ts)、ティム・アマコスト(ts)、ボブ・ハースト(b)、アリ・ジャクソン(ds)、ジーン・ジャクソ ン(ds)、グレッグ・ハッチンソン(ds)、ロドニー・ウィテカー(b)穐吉敏子(p)、渡辺貞夫(tp)、益田幹夫(p)、山本剛(p)など。
アメリカのドラマーやベーシストとの数々の共演や交流で培った本物のスイング感とそのワイドな音楽性でベテランから若手のミュージシャンに絶大な支持を受ける現在最も多忙なミュージシャンの一人である。

♦ 豊田チカ(vo)
1961年東京生まれ。
17歳でギター・ピアノの弾き語りを始め、1984年ジャズシーンにデビュー。
来日中のトニー・ベネット(vo)に歌唱力を絶賛され1st CD「So in love」を発表。
1992年第六回日本ジャズボーカル賞新人賞受賞。
1995年渡米。
ニューポートジャズフェスティバル(97)、アポロ劇場の「A great night inHarlem」(01, 02)他、多くのコンサートに出演。
帰国後、「チカチャリティー/世界の子ども達のためのコンサート」主催。
2011年、被災地支援の番組「Journey to the future」のDJを一年間担当。
モントレージャズフェスティバル(2011)に出演した様子など現地での反響も収録したBSドキュメンタリーテレビ番組「折り返し点~チカシンガーの挑戦」が放映される。
2013年、ステージネームをチカシンガーから豊田チカに改名。
大橋巨泉氏とのデュオアルバム「Dream~巨泉with チカ」を発表。
2013年第29回日本ジャズボーカル賞大賞受賞。
近年はコンサート活動の他、「クイズ!脳ベルShow」(BSフジ)などのバラエティにも活動の場を広げている。
2017年、母マーサ三宅の引退の意思を受け、自身の三人の息子達と共にコーラスなどでマーサをサポートしたミニアルバム「Mama 大好きなあなたへ」をプロデュース。
東京と富山で豊田チカJazz Vocal Academyを展開、またイラストレーターとしての顔も持つ。

Member

椎名 豊Yutaka Shiina (piano)
パット・グリン Pat Glynn (bass)
広瀬潤次Junji Hirose (drums)
Special guest:
豊田チカ(vo) Chika Toyota

Stage

 

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平1-15-16 (株)東京アート印刷所内

お問い合わせ

メールフォーム

リンクバナー