トップページ > 出演者紹介

高免信喜トリオ

♦ 高免 信喜 (たかめん のぶき)
ジャズギタリスト/コンポーザー

1977年広島県生まれ。2001年にアメリカに渡り、2004年に活動の拠点をニューヨークに移す。以来、トリオ、ソロギター演奏をベースにグローバルな演奏活動を続ける。

自己のグループでは、Blue Note NY、Blues Alley、Smalls、Iridium Jazz Clubなどに出演し、世界最大級のモントリオール国際ジャズフェスティバル、そしてその他数多くのジャズフェスティバルからも招聘され出演する。ニューヨークを中心とした演奏活動に加え、北米やヨーロッパ(フランス、ハンガリー、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、フィンランド)でのツアーも行い、2004年からは毎年日本ツアーも行っている。

これまでにWhat’s New Records、Summit Recordsなどからオリジナル曲を中心とした7枚のリーダーアルバムを発表し、世界各国のメディアから高い評価を得る。特に最新作『The Nobuki Takamen Trio』はAllAboutJazz誌で5つ星を獲得し、「これまでに日本が輩出した最高のジャズギタリストであることは間違いないだろう。」と絶賛される。

演奏家としてだけでなく、世界各地のジャズワークショップや学校訪問を行うなど教育面にも力を入れており、ギタリストを対象とした個人レッスン、通信レッスン、YouTubeなどでも積極的に情報を発信している。

Acoustic Image社、Raezer’s Edge社、Eventide社、Sommer Cable、Reunion Blues エンドースメント・アーティスト。

http://www.NobukiTakamen.com


♦ 棚橋 俊幸 (たなはし としゆき)
ベーシスト

1978年岐阜県生まれ。トランペット奏者である父を持ち、音楽環境に恵まれて育つ。名古屋大学入学後、ジャズに興味を持ち、ベースを始める。大学卒業後、奨学金を受けてボストンのバークリー音楽大学へ。在学中より東海岸を中心に様々なライブハウスやフェス、野外コンサートなどに出演し、ゲイリー・バートン、マイケル・ブレッカー、チャーリー・ヘイデン、小曽根真をはじめ、多くの著名ミュージシャンと共演。

これまでに、L'Arc-en-Cielの結成20周年ツアーさいたまスーパーアリーナ公演に弦楽オーケストラの一員として参加、モンスターストライク5周年記念イベントで武田真治、KenKenと共演、そして2015年からはサラ・オレインのサポートメンバーとしてブルーノートやビルボードなどに出演、ライブDVD/Blu-rayも発売される。CM音楽、ゲーム音楽の参加作品も多数。世武裕子「アデュー 世界戦争」収録曲「75002」、小倉唯「Cherry Passport」収録曲「アコガレCollection!」にベース演奏で参加するなど、数多くの著名アーティストもサポートする。

現在も東京を拠点に国内のみならず、アメリカ、カナダ、ヨーロッパで海外公演も行う。


♦ 會川 直樹 (あいかわ なおき)
ドラマー

1976年茨城県生まれ。15歳からドラムを始め、学生時代はジャズ、フュー ジョンを中心にバンドで活動。その後、バークリー音楽大学の奨学金試験に合格し入学。あらゆるジャンルのドラミングを習得し、2004年の同大学を卒業、活動の拠点を日本に移す。

現在は東京を拠点とし、ベーシスト細谷紀彰のTrio、Water colorsやFontana Folleなどのレコーディング、ライブに参加するほか、草月流生花とドラムの即興ライブを行うなど、精力的に活動を行う。高免信喜トリオのメンバーとしては、2011年から日本ツアーに定期的に参加。2014年のヨーロッパツアーにも参加し、各国で好評を得る。

今年5月には、サポートを務めるFontana Folleの楽曲がオープニング曲に採用された、人気ジャズイベントafrontier(アフロンティア) のコンピレーション・アルバム『Blue Brick Lover』が発売される。

Member

高免 信喜 (たかめん のぶき) JazzGuitarist/Composer
棚橋 俊幸 (たなはし としゆき) Bass
會川 直樹 (あいかわ なおき) Dr

Stage

 

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平1-15-16 (株)東京アート印刷所内

お問い合わせ

メールフォーム

リンクバナー