トップページ > 出演者紹介

GYPSY VAGABONZ

【歌モノオリジナル曲を演奏するジプシージャズバンド】

GYPSY VAGABONZ ジプシー・ヴァガボンズ
2005年Gt&Arrange大西孝旺とVo&Fl&Gt&compose秀子を中心に結成。
伝説のギタリストDjango Reinhardtが生みだしたロマ(ジプシー)の伝統音楽とアメリカのスウィング・ジャズを融合させた
ジプシー・ジャズを基盤としながらもロック、ラテン、日本の歌謡曲などの音楽のエッセンスを取り入れたオリジナル曲を演奏している。
物語の世界のようなエンターテイメント溢れるライブは<幸せな気持ちになれる!!>と聴く人々を魅了している。
アニメーションとのコラボレーションMVや演劇とのコラボレーション、ダンサーとのコラボレーションなど様々な形で新しいジャズのスタイルを確立すべく活動中。2016.11.23 オリジナルフルアルバム「VAGAGOLOGY THEATER」ディスクユニオンのレーベルより発売。

ジプシーヴァガボンズは日本には数少ないジプシージャズスタイルのバンドとして2005年に始動。どこにもないようなバンドを...!とオリジナル性を追求しながら活動してきました。最初は下北沢の路上ライブを中心に活動。徐々に範囲を広げて来ましたが今でも路上ライブは続けておりお客様との距離、一体感を大切に音楽をみんなで共有することの楽しさをライブで伝えています。何度かバンドメンバーチェンジを経て現在はサポートメンバーを入れながら毎回新しい発信をするべくいろんな形でライブをしています。

ボーカル秀子(私ですが)は一昨年よりジプシーギターの弾き語りもはじめギター、フルート、ボーカルに加えて作詞作曲も手がけております。ライブではそのエンタメ性にも注目していただくことが多く、大人から子供まで楽しんでいただいております。見ても聞いても楽しめるライブステージをやっております。墨田ジャズへは女性ビッグバンドたをやめオルケスタのボーカルとして第2回より毎年出演させていただいておりました。スタッフ様の気遣いや年々盛り上がりを実際に間近で感じ、いつか自分のバンドでも出演させて頂く機会があればいいなと願っており今回思い切って応募させていただきました。(たをやめオルケスタは今年の3月に自分の活動に専念するために脱退致しました)

バンドの楽曲はオリジナル曲がメインで演奏しています。ジプシージャズはジプシーギターという独特の響きのアコースティックギターをメインとした音楽ですがここにボーカルがのることで少しノスタルジーでウキウキ足踏みや手拍子したくなるような雰囲気になります。またバイオリンが入ることで優雅さや曲の美しさを表現しています。言葉遊びがいっぱいの早口の曲、おばけの歌、などなど。面白いテーマの曲が多いです。おそらくジャズをはじめて聞くようなお子様にもわかりやすいポップなステージになると思います。

また墨田ジャズに行きたい!なんか楽しく幸せな気持ちになれた!と言っていただけるようなステージにします。
是非出演させてください!!必ずイベントを盛り上げます。

公式サイト

Member

【GYPSY VAGABONZ ジプシー・ヴァガボンズ】
Vocal&Flute&Guitar&compose 秀子(曲によってギターも弾きます)
Guitar 大西タカオ
Violin 田中雄一

Stage

 

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平1-15-16 (株)東京アート印刷所内

お問い合わせ

メールフォーム

リンクバナー