トップページ > 出演者紹介

福太郎

【手製のパンフルートとギターで癒しの音楽をお届けします。】

パンフルートを製作し演奏する横地”竹笛“太郎と、ブラジル音楽を中心にギターを弾く福田理夫のデュオ「福太郎」です。ブラジル音楽、ジャズ、アイリッシュ、クラシック、歌謡曲など様々なジャンルの曲を演奏します。横浜や町田のライブハウスで月一回くらいのペースで演奏する他、ケアホームや教会などでの依頼演奏も行なっています。
パンフルートは古代ギリシャ時代からあると言われ、現在は東ヨーロッパで特に盛んに演奏されています。南米アンデスの楽器「サンポーニャ」もパンフルートの一種です。横地はこの楽器を、篠竹を材料として採取し、製作も演奏もしています。ジャズやブラジル音楽を演奏するパンフルート奏者としては、おそらく国内唯一の演奏家です。
パンフルートの音色は、初めて聴く人にも懐かしい感じを与え、心を癒します。特に音の反響の良い場所ではその響きの美しさは比類がなく、聴く人全ての心を奪います。今回、応募させていただく銭湯では、とても音がよく響くとのことですので、とても楽しみです。
当日は、ボサノバ、サンバ、ショーロ、アイリッシュ、世界の民謡、などの中から数曲お届けできれば、と思います。
動画では、皆さまにパンフルートがどんな楽器か知っていただきたく、お馴染みの「イパネマの娘」を選曲いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Member

横地”竹笛“太郎(パンフルート)
福田理夫(ギター)

Stage

 

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平1-15-16 (株)東京アート印刷所内

お問い合わせ

メールフォーム

リンクバナー