トップページ > 出演者紹介

飯田久美子(Vo

【スタンダードジャズ】

スゥィンギーに、歌うギター、目からウロコのテクニック!
あったかい音色にグルーヴ感、踊るベーシスト!

スモーキーヴォイスでジャズ、ラテン、ポップス、

楽しい3人組

Member

飯田久美子(Vo)
故沢田靖司に師事
2010年 Pジュニア・マンストリオとNY録音ファーストアルバム 。
2014年 P市川秀男トリオとセカンドアルバム"RESPECT"リリース。
2013年 デュッセルドルフジャズラリー、
2014年 日本とスペイン国交400周年バルセロナ公演、等、
ヨーロッパにて演奏する。スモーキーヴォイスと多彩な声のグラデーションが特色!
2016年に、地元佐倉市において仲間と"佐倉市城下町ジャズサーキット"を立ち上げ、
ボランティアスタッフとして、企画、運営にも携わっている。

菅野義孝(かんのよしたか)(Gt)
岩手県出身
潮先郁男氏に師事しジャズギターの基礎を学ぶ。
'98年 キングレコード「ジャズ新鮮組」でプロデビュー。
'03年 初リーダー・アルバム「Introducing Yoshitaka Kanno」発表。
'05年 セカンド・アルバム「Movement」では、ニューヨークにてメルビン・ライン(オルガン)、グラディ・テイト(ドラムス)と共演し好評を得る。
'12年 アルバム「JAZZ GUITAR」発表。
'13年 アルバム「JAZZ GUITAR 2」発表。
演奏活動の他に、教則本「目からウロコのジャズギター」、スタンダード曲集「ジャズ・スタンダード・コレクション100」の執筆、ジャズセミナーなど、「ジャズの楽しさ」を広める活動に力を注いでいる

河原 秀夫(かわはら ひでお)(B)
神戸生まれの横浜育ち。
青山学院大学理工学部在学中より、本多俊之のバンドなどで演奏活動を始める。
大学卒業後、バークリー音楽院に留学。その後、ニューヨークにも住み、ジュリアード音楽院のホーマー・ミンチ氏に師事し、クラッシックを学びながらマイク・スターン(g)、クリフォード・ジョーダン(ts)、ジュニア・クック(ts)、ウディ・ショウ(tp)といった人達のバンドに参加。ウディ・ショウのバンドでは、ビレッジ・バンガードや、ハーレムのジャズ・モービル・コンサートにも出演。 帰国後は植松孝夫、益田幹夫、中村誠一といった人達のバンドで演奏しながらヘレン・メリル(vo)、スティーブ・グロスマン(ts)、チコ・フリーマン(ts)、ジョージ・ケイブルス(p)といった人達のジャパンツアーにも参加。
現在は自分がリーダーを務めるバンド『ペンタグラム』を中心に、色々な人達とのセッションに参加し、また、飯田ジャズスクール、トラッズファンといった学校で講師も勤めている。

Stage

 

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平1-15-16 (株)東京アート印刷所内

お問い合わせ

メールフォーム

リンクバナー