トップページ > 出演者紹介

Aki feat. Miki et Maki

Profile

【ウキウキ陽気なラテン&スタンダードジャズ】

Aki Saijo - ボーカル
TVCMの挿入歌などにボーカリストとして多数出演中。また作詞も手掛ける。
(デビュー作品は‘08『8x4』CMボイスロゴの『エイトフォ~♪』を担当。)‘11年渡米、Brooklyn Conservatory of Music/Jazz Vocal課/プロフェッショナルコース卒、ニューヨークではジャズピアニスト クニ三上 と共にブルックリン桜まつりなど数々のライブイベントに出演するほか、キッズタレントクラブの音楽イントラクター、ミュージカルカンパニー『The World Voice Ensemble』の運営に携わるなど精力的に活動、’17年に帰国、日本国内外でライブ活動を行う。音楽が聞く人の心に響くことを『デリバリー(届ける)』と言う、とニューヨークでの恩師に教わって以来、人種や言語の違いを超え、デリバリーできる歌い手を目指している。

峯尾未紀 Miki Mineo - ヴィブラフォン
玉川大学芸術科打楽器科、同大学芸術専攻科卒業。
在学中はクラシックを学び、卒業後にジャズ理論・ジャズヴィブラフォンを赤松敏弘氏に師事。ヴィブラフォン・マリンバ奏者として多数の音楽イベントに出演。首都圏を中心に、様々なジャンルのミュージシャンと共演し、ライブ活動を行う。
主な出演歴
・ラテンアメリカの歴史を奏でる、歌とダンスと音楽がまざりあうミュージックショー「ラテンアメリカンド」マリンバ奏者。
・明治安田生命 しあわせカフェ 篇 TVCM マリンバ演奏。
・各種映像用BGM音源の作曲、ヴィブラフォン・マリンバ演奏を担当。
朝の情報番組など様々なTV番組で使用されている 。
・2019年、台湾にて2日間 6公演の ヴィブラフォン ライブ にボーカリスト Akiと共に出演。

古垣未来 Maki Furugaki - ピアノ
玉川大学芸術学科作曲専攻卒業。作曲を土居克行氏に師事。現在、鍵盤奏者として、アーティストのライブサポート、アレンジ、作曲、レコーディング、劇伴音楽制作、ミュージカルの演奏等を中心に活動中。
リットーミュージックより、「ピアノのコードの押さえ方から弾き方までが身に付く本」出版。

miki et maki(ミキ エ マキ)- マリンバ&ビブラフォン奏者の峯尾未紀(miki)とピアノ&鍵盤ハーモニカ奏者の古垣未来(maki)によるユニット。
玉川大学芸術学科在籍中、mikiは打楽器、makiは作曲を専攻し、卒業後に miki et makiを結成。キューバやブラジル系のラテン音楽を中心に、ジャズ、ポップス、ファンク、タンゴなど幅広いジャンルのオリジナル曲、アレンジを施した楽曲をもってライブ活動中。
定期的に子供イベント「ミキマキちゃんと遊べる音楽会」を開き(現在、コロナの影響で延期中)、子供向けの楽曲にジャズ、ラテンのアレンジを加え、その面白さを伝えるべく、長年展開している。また、映像、放送用BGM音源制作も手がける。(情報TV番組「ノンストップ」「シューイチ」等でも使用)

Aki feat. Miki et Maki(アキ フューチャリング ミキ エ マキ) - ごあいさつ
ニューヨークで経験を積んだボーカリスト Akiに、熱いライブパフォーマンスで常に観客を魅了し続けるラテンジャズ デュオ Miki et Maki(ヴィブラフォン&ピアノ)が加わり、この日限りのスペシャルなステージをお届けします。コロナ渦により、演奏できる機会が減ってしまった昨今、私たちは歌いたい、演奏したい、と思う気持ちで溢れています。
アキ・ミキ・マキの3人により繰り広げられる陽気で時に情熱的な音楽の世界をぜひ体感してください。つらい日々が続いている今だからこそ、音楽の力で皆さんを少しでも元気づけられたらと思います!

Member

Aki Saijo (vo)
峯尾未紀 (vib)
古垣未来 (pf)

Stage

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-4 石川産業ビル503

お問い合わせ

メールフォーム