トップページ > 出演者紹介

Sugarcane

Performance

Profile

【世界中のビートを用いたダンスミュージックバンド】

Funk,Soul,Jazz,New Orleans,R&B,Reggae,Ska,Afrobeat,
Lingala,Son,Salsa,Calipso,Samba,Bomba,Go-Go,etc.....

アフリカルーツの世界中のリズムを網羅し、取り入れている。
それぞれのジャンルに特化したバンドは数多いが、
ここまで様々なリズムを取り入れられるバンドは珍しく、
しかしながらマニアックにならず一貫してキャッチーに仕上げてしまう、その強い個性で人気を得ている。

ニューオリンズ、ニューヨーク、ジャマイカ、プエルトリコ、ブラジル、アフリカまで
ワンステージを通して世界旅行に行った気分を味わえると定評のあるバンドである。

ジャズやソウルの名曲を様々な国のビートに乗せてアレンジしたり
オリジナルは日本語歌詞でキャッチーに、誰もが自然と踊りたくなってしまうダンスミュージックを
たった3人で奏でてしまう、日本では珍しいスタイル。

コーラスはもちろん、1人2役、3役は当たり前
というスタンスで奏でるトリオのサウンドは
目を閉じるとまるで6人以上いるバンドのようなサウンドになっている。

ダンスと音楽は一心同体。
皆で歌い踊って困難を乗り越えてきた音楽の歴史を大切にしながら
希望のカケラを持ち帰ってもらえるようなメッセージ性も大切にしている。

年間100本程のライブをこなし、自身のイベントやレコーディングでは
メジャー界で活躍する数々のプロミュージシャンやダンサーをゲストに招き
精力的に活動を続けている。

ボーカル山下太郎のその場の空気で自由自在に言葉を操り
コールアンドレスポンスでその場にいる人皆が一体になるようなリスナーを楽しませる力で
年齢・国籍を問わず人気を得ている。
いつも気づけば皆んなが踊り出してしまう。お祭りには持ってこいのバンドだ。

公式サイト

Member

山下太郎(ボーカル、ギター)
佐々木遥(キーボード、ベース、パーカッション、コーラス)
中村憲司(ドラム、パーカッション、コーラス)

Stage

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-4 石川産業ビル503

お問い合わせ

メールフォーム