トップページ > 2022 出演者紹介

GEKKO SOUL

Profile

【下町発パンクロックラシカルバンド!】

2018年結成。毎回のライブでゲストパフォーマーを招き、仮面を被ってバックで演奏し、仮面を脱いで自らのオリジナルを演奏するコンセプトのバンドとしてスタートした。

東京浅草を中心に活動していた2つのスリーピースバンドが同時に解散し、まだ続けたいと残ったそれぞれのバンドのメンバーが合体しスリーピースパンクバンド[月光奏流]を結成。その浅草のライブハウスは閉店しバンド活動の拠点を東京都墨田区に決める。Vo.Gtのよしなりしょうたは出身が墨田区。
自身のオリジナル曲が増えてきた段階で音源の制作を決意。多くの人に支えられ、クラウドファンディングによって小説入りのファーストミニアルバム[SOUL in the MASK]のリリースに成功。2018.8.11から一般の発売を開始した。その後、サポートメンバーとしてキーボードのしおけんfromツタンを加えライブ出演を中心に緩やかに活動を続けてきた。2020.4.22にはセカンドミニアルバム[Heroism]をCD版としてリリース。またSOUL in the MASKと共に各種音楽配信サービスで配信及び販売を開始した。2020.7.19に六本木モーフ東京でライブの際にゲストパフォーマーとしてバイオリンのわたなべけいたを招きロックとクラシックの融合を目指した。その後正式メンバーとしてわたなべけいたを迎え入れ、パンクロッククラシカルバンドとして新しいロックの在り方を確立する事を目指し現在に至る。すみジャズやすみジャズin曳舟にも出場経験がある。2019年のすみジャズ10周年の出演のタイミングで[月光奏流]を[GEKKO SOUL]とバンド名を改めている。理由はほとんどの人がげっこうそうると読めずげっこうなんちゃらと呼ばれる為、覚えてもらえないんじゃないかと言う懸念からである。

ゲストとして招いたボーカリストやパフォーマーを引き立てるためメンバーは仮面を被って演奏する。ただそこには確かに存在するものの姿は見えない朝の月。自身の楽曲を披露する時は仮面を脱ぎ積極的に表に出る、さながら夜の月となる。と、言うコンセプトのバンドではあるものの最近はオリジナル曲が増えた事もあり、ミュージックビデオのYou Tube配信もしている事からゲストを招かずにGEKKO SOULとして自身のオリジナルのみのライブで完結している。

熱い歌詞と歌唱、聴きやすいメロディーでどの世代にも受け入れられる音楽の制作を目指している。東京下町から素晴らしいパフォーマンスを披露し、たくさんの素晴らしいバンドと共に、音楽の街として墨田区が発展して行くことを願っている。
You Tubeチャンネル→月光奏流よしなり
BEHIND THE MASK→https://youtu.be/dv9BuUbcrHM
公式HP→https://gekko-soul.firebaseapp.com/
公式Twitter→@GekkoSoul

公式サイト

Member

ひろせ ごう(Ba)
よしなり しょうた(Vo.Gt)
えとう たけし(Dr.Vo)
わたなべ けいた(Vio.Vo)
サポートメンバー
しおけんfromツタン(Key)

Stage

« タイムテーブルに戻る

PAGE TOP

主催

すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-4 石川産業ビル503

お問い合わせ

メールフォーム